ふるさと納税は宿泊券で旅行へ!関東近郊のおすすめ自治体4選

旅行
スポンサーリンク

皆さんはふるさと納税もうしましたか!?

返礼品と聞くと地域の特産グルメが一番に思い描きますが、実は泉旅館の宿泊券も存在します。

今回は、個人的に宿泊券で『これは良い』と思った自治体を紹介します。

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ふるさと納税の上限額とは?

ふるさと納税のメリットを簡単に要約すると

  • 寄付金が自治体・事業者の支援になる
  • お礼の品がもらえる
  • 寄付額の2,000円を引いた額が、所得税・住民税から控除される。
  • 5つの自治体までは『ふるさと納税ワンストップ特例制度』を使えば確定申告不要

です。

100,000円を地方自治体に寄付した場合

返礼品として地方の特産品がもらえます。

その返礼品の還元率は30%を上限としております。

今回は目安として30,000円以下の商品が返礼品として頂けます。(ほとんどの商品は競争が激しいので30%の還元率となっているケースが多いです)

この場合、控除額は98,000円となります。

なので実質自己負担2,000円で、30,000円の商品を受け取ったという、

お得になっている制度です。

上限額は本人の給与収入と、家族形態によって変わります。

あくまでも下記は目安表です。(住宅ローン控除や、共働きは配偶者控除を受けていないケースなど、細かい指標はありますので各ポータルサイトを参照してください)

参照:総務省「ふるさと納税ポータルサイト」 令和3年世帯別全額控除年間上限額目安表。

おすすめの自治体① 長野県・軽井沢町

軽井沢は町は日本の避暑地として有名なエリアとなっております。

今の日本のリゾート地を牽引する星のリゾート。軽井沢から事業をスタートしているホテルです。

当然返礼品も用意されています。

なかなか通常で宿泊すると高級ホテルの価格帯で高額ですが、宿泊代として利用可能な宿泊券です。

楽天でふるさと納税すると、楽天トラベルのポイントもしっかり付与されるので、大幅割引になります。

『星のや軽井沢』『軽井沢ホテルブレストンコート』『BEB5軽井沢』の3施設好きな所の利用ができるのでお得です。

↓↓楽天市場のふるさと納税で詳細をチェック↓↓

【ふるさと納税】軽井沢 星野リゾート ふるさと納税宿泊ギフト券(15,000円分) 【宿泊券・軽井沢町星野リゾート・ふるさと納税宿泊ギフト券】

おすすめ自治体② 千葉県・鴨川市

千葉県鴨川市。房総半島の南西側に位置をしています。

1月中旬から『菜の畑ロード』という花畑を楽します。

花の美しさを感じる清々しい旅行となりますね。

ふるさと納税で提供されているのは、市内36施設からお好きな所を利用できる宿泊券。

5万円の寄付で1.5万円分の宿泊券なので、

宿にはよりますが追加料金をお支払いすれば贅沢な宿泊プランを楽しめます。

宿泊施設には評価の高い

  • 是空
  • 鴨川館
  • 宿 中屋
  • 緑水亭

などの、食事も温泉もしっかりしている人気宿あったりします。

千葉房総の旅館は、同じ関東圏をターゲットにしていたとしても、

箱根や伊豆と比べると約5,000円~10,000円料金がリーズナブルに感じます。

価格帯的には満足の良く食事の旅館が多いですよ。

↓↓楽天市場のふるさと納税で詳細をチェック↓↓

【ふるさと納税】【千葉県鴨川市】市内宿泊施設宿泊券(3枚) [0100-0026]

おすすめ自治体③ 栃木県・那須町

那須岳

栃木県の屈指の観光地・那須。

まさに高原リゾートという印象で、5月からは新緑が気持ちいエリアです。

こちらも旅館協同組合の返礼品となりますので、22施設から選べるのがうれしいポイント。

家族向けなら

  • ホテルサンバレー那須
  • ホテルエピナール那須

ハイクラスの宿なら

  • 山水閣
  • 星のあかり
  • 山楽

等もあり、好みを選べます。

単体でもTHE KEY HIGHLAND NASUの宿泊券も単体で出ているので、贅沢なプランもおすすめです

↓↓楽天市場のふるさと納税で詳細をチェック↓↓

【ふるさと納税】那須温泉旅館協同組合 ご宿泊利用券30,000円分(3,000円分×10枚)<楽天トラベルでも使える>発行日より1年間有効【宿泊 旅行 チケット 宿泊券 楽天トラベル 温泉 露天風呂 旅行券 ホテル 栃木県 那須町】

おすすめ自治体④ 静岡県・伊豆市

伊豆半島は屈指の温泉地で熱海や伊東は有名ですが、おすすめ伊豆市!

伊豆市は中伊豆に位置する『修善寺』、夕陽のまち『土肥温泉』などのおすすめの観光地。

ひっそりと大人の旅ができます。

こちらの自治体は各宿毎に宿泊利用券を返礼品として取り扱っています。

上限額が多い方に関しては一つの選択として高級旅館でゆったりするのはおすすめです。

著名人がおすすめする高級旅館やハイクラス宿が狙い目です。

↓↓楽天市場のふるさと納税で詳細をチェック↓↓

【ふるさと納税】G-24 月ヶ瀬温泉【雲風々 〜ufufu〜】宿泊券(2名様) 【ふるさと納税】G-31 自家源泉の宿【嵯峨沢館】 ゆったりお二人様プラン(源泉湯半露天付和洋室または和室ベッド付) 【ふるさと納税】G-012【あさば】宿泊利用券(105,000円分)

まとめ+α

以上、ふるさと納税の上限額とおすすめの自治体でした。

個人的には、高級旅館&温泉旅館組合系がおすすめです。

理由は

  • 還元率30%が温泉旅館組合なら担保されている
  • 高級宿はスタンダードプランが高額なっているので、高収入の方には満足度の高い施設が選ばれている。※ただし同じ寄付額でも高級宿でない宿もあるので注意
  • 宿によっては、スタンダードプランで30%の還元率ではないところもあるので、基本プランを確認すること。

今年は、緊急事態宣言が多かった年でした。

来年は気にせずに旅行ができると良いですね!

それでは、また!

旅行
スポンサーリンク
oishiiyaをフォローする
スポンサーリンク
”おいしい”ととのった~生活ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました